舞台、ライブ、その他興行の主催・企画・製作 番組制作・キャスティング・進行管理等 各種コーディネート クリエイター・芸能人の育成及びマネジメント

トップページ

3月30日(月)~4月5日(日)の下北沢・小劇場B1一週間連続興行
【無観客開催・有料配信】への変更経緯のご説明

みなさん、こんにちは。
お笑いイベントの企画・制作をしております
スラッシュパイルの片山勝三です。

 
いつも弊社主催のイベントにご来場頂き、誠にありがとうございます。
この度は弊社主催のライブに関してお客様へご説明がございます。

 
3月30日(月)~4月5日(日)の1週間、下北沢の「小劇場B1」でお笑いライブを開催します。
本来ならライブを開催して、お客様にご来場の上、劇場でライブを楽しんで頂きたいのですが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、お客様にご来場頂いてのライブの開催を断念しました。
誠に申し訳ございません。
替わりにこれらのイベントを【無観客開催・有料配信】という形でお客様に楽しんで頂こうと思います。

 
ご来場用のチケットぴあのチケットを既にお持ちのお客様は払い戻しが必要となります。
詳細は追ってご案内をさせてもらいますので、弊社HP・ツイッター(https://twitter.com/slushpilelive)、
社長・片山勝三のツイッター(https://twitter.com/katayamashozo)でご確認下さい。
※払い戻しは4月6日(月)以降になりますので、チケットを大事に保管して下さい。
チケットぴあのチケットを既にお持ちのお客様で、その公演の配信視聴をご希望されているにも関わらず、
完売により配信チケット(権利)をお買い求め出来なかったお客様には必ずご視聴出来るように致しますので、
info.slushpile@gmail.com へ配信チケット購入希望の旨をお書きのうえ、チケットぴあからの購入履歴メールを転送して下さい。
追ってご視聴の手配のご連絡をさせてもらいます。(ご希望公演の前日18:00までに必ずご連絡下さい)
また、チケットぴあでチケットを購入済ですが、その購入を証明する履歴メールをお持ちでないお客様も、その旨メールにて詳細をご連絡下さい。追ってご連絡をさせてもらいます。

 

無観客開催ですが、「小劇場B1」は大変狭い劇場で、隣のお客様とも触れ合う距離で座るような劇場です。
この規模感を考えた時に、お客様同士の感染はもちろん、出演者様への感染を考えた場合、どうしてもそれは避けたいので、
少しでも可能性を下げるために、無観客開催に踏み切りました。
有料配信は、(無観客)ライブを開催するので、ライブに携わる出演者・スタッフに、きちんと対価をお支払いする義務が主催者としてあると考えたためです。
またお客様にストレスなくライブを楽しんで頂けるよう小さいお笑いライブとしては頑張って配信技術にしっかりとお金を費やしました。
当初は無料配信も考えたのですが、劇場代やスタッフ人件費、出演料の支出に加えて、
無料配信を一週間連発しますと会社がマジで傾いてしまいますので、ここはカッコつけることなく、
少しでも大赤字を解消すべく有料配信とさせて頂きました。
ご理解の程よろしくお願いします。

 
またこの度の有料配信の特性として、希望するお客様全員が視聴できる訳ではありません。
通常のライブと同様に視聴するチケット(権利)を買うことができたお客様のみご覧になれます。
つまり販売枚数を限定します。早い者勝ちです。
その理由として、お笑いライブの大事な要素として<秘匿性>が挙げられます。
その場にいる人しか知りえない情報。その場にいる人しか感じることができない一体感。
限られた者だけが体感できるという特別感がライブにとっては大事です。
これをオンライン上でも成立させるために、視聴者を限定させてもらいました。

 
お笑いライブがこのような事態に直面するとは想像だにしませんでした。
お笑いライブが観たくても観れないお客様がたくさんいらっしゃいます。
この状況下で苦しんでいる興行関係者がたくさんいらっしゃいます。
そんな状況だからこそ踏み切ったライブの無観客開催・有料配信です。

 
お客様からライブを無くさない!
出演者・スタッフから仕事を無くさない!

 
この二つを大事にした判断です。
そして!
プラスに考えますと、配信だからこそ、今まで東京で開催されていましたスラッシュパイルのライブの様子を全国津々浦々の方々へお届けすることができます。
北は宗谷岬から南は波照間島まで、今まで観たくても物理的に叶わなかったお客様はこの機会に是非お笑いライブをお楽しみ下さい!